効果5|公共事業の推進に役立ちます

よくある問題点

公共事業の推進に役立ちます

道路の拡幅や下水道の整備など、公共施設の整備を行ったり、防災のために密集市街地の整備を行ったりする場合は、正確な地籍と精度の高い地図が必要になります。地籍調査が行われていないと、事業を行うたびに現地で土地所有者の立会いを求め、実測作業を行うため、類似の作業を何度も行う無駄が生じるほか、事業採択後に現地調査を行った結果、土地の境界について同意が得られず、事業の進捗そのものに支障が生じる場合もあります。

地籍調査を実施すると

  • メリット1
    地籍調査を事前に行っていれば、計画当初から取得すべき公共用地の土地の正確な境界や面積を知ることができ、より精度の高い計画立案ができます。
  • メリット2
    既に土地所有者より確認された境界を現地復元することにより、円滑な用地取得が行われ、各種事業の円滑な推進に寄与します。