効果4|課税の適正化・公平性につながります

よくある問題点

課税が必ずしも公平ではない

税務行政においては、公平負担の原則が何よりも求められますが、土地所有者に対する課税である固定資産税の多くは、明治時代につくられた公図や登記簿をもとに課税されているため、必ずしも実態と合っているわけではありません。



地籍調査を実施すると

  • メリット1
    本来払うべき額を払っていない場合や、逆に払い過ぎている場合があります。それが地籍調査によって解消されます。