効果3|登記手続きの簡素化や経費削減につながります

よくある問題点

登記手続き時間や費用等がかかる

右図のように、1つの土地を分筆する場合、隣接地との境界確認を実施した上で、法務局に分筆登記の申請を行う必要があります。そのため、土地所有者がみずから隣接の土地所有者に現地立会いを求め、互いの境界を確認し、測量しなければなりません。地籍調査を行っておらず境界が不明確な場合、様々な資料を精査して境界の位置を推定する調査に時間と多くの費用を要したり、隣接の土地所有者の同意が得られず、登記手続きに支障が生じたりする場合があります。

地籍調査を実施すると

  • メリット1
    地籍調査の成果は座標値(世界測地系データ)で管理するため、現地に復元することが可能です。境界位置を容易に確認できるため、登記手続きの境界確認作業がスムーズに行われます。
  • メリット2
    登記手続きに要する費用も大幅に削減される場合があります。
  • メリット3
    土地の境界や面積が明確化されることにより、土地取引や開発事業の用地取得が円滑になり、土地の流動化や有効活用を推進できます。