効果2|災害の復旧に役立ちます

よくある問題点

災害復旧に時間がかかる

地籍調査未実施区域において、地震、津波、土砂崩れ、水害等の災害が起こり、土地の形状が変わってしまった場合、元の土地の境界に関する現地確認ができないため、復旧計画作成や、換地計画に時間を要し、結果的に復旧が遅れることがあります。

地籍調査を実施すると

  • メリット1
    個々の土地の境界の位置は、座標値(世界測地系データ)で管理されるので、万一の災害の場合でも、正確に境界を復元することが出来ます。これにより、迅速に復旧活動に取り掛かることが可能になります。