④ 測量の実施

基準点をもとに確認した境界杭を測量します。これは将来にわたって各筆の土地の境界を示す大切な杭となります。また、この杭は座標値(世界測地系データ)で示しており、測量データが整備されます。


※現況測量・復元測量とは

都市部においては、調査の前に現況測量・復元測量を行う場合があります。個々の土地について、事前に現地の境界杭・塀などの位置を調査・測量し、現地立会いの基礎資料を作成します。これは、境界とすべき予定点を、登記簿や地積測量図をもとに、現地境界標等の存在の有無、塀等の地物の位置の特定、土地所有者の手持ち図面等で総合的に比較検討するものです。